コミュニケーションスクール|コミュニケーション能力専門サイト

Home > 習い事 > コミュニケーションスクール|コミュニケーション能力専門サイト

コミュニケーション能力向上、スクールなら日本コミュニケーショントレーナー協会

カウンセリングの関連情報

カウンセリング(英: counseling)とは、依頼者の抱える問題・悩みなどに対し、専門的な知識や技術を用いて行われる相談援助のことである。カウンセリングを行う者をカウンセラー(英: counsellor、米: counselor)、相談員などと呼び、カウンセリングを受ける者をクライエント(client)、カウンセリー(counselee)、相談者/来談者などと呼ぶ。
※テキストはWikipedia より引用しています。

コミュニケーションスクール|コミュニケーション能力専門サイト。コミュニケーションの資格認定に無料で挑戦しよう!社会で求められているコミュニケーション能力向上を目的とした講座・セミナー・研修開催とスキルアップ・学び方・実践法の情報提供をしています。

「若い人は携帯電話などの普及でコミュニケーション能力が低くなった」などと言われがちですが、実はそうではありません。まず、携帯電話が無い時代でも、若い人ほどコミュニケーション能力は低いのが当たり前です。というのは、まだたくさんの人と話した経験がないからです。学生までは、話す相手も同年代や教師くらいでしょう。同年代は文化も世界も同じで黙っていても伝わりやすいですし、いくら話してもコミュニケーション能力を磨く役には立ちません。教師も、「先生と生徒」という上下関係の中でのコミュニケーションですから会話も型にはまっており、特に意思の疎通で難しいことはないでしょう。社会に出て、あるいはバイトなどで、20歳近くになって初めてさまざまな世代と関わることになります。これでは最初はうまくいかなくて当然ですので、気にする必要はありません。大人たちもそれを理解しておくべきでしょう。それに、最近では少子化が進み、一人っ子などで家庭でもコミュニケーションが取りづらい時代です。ゆえに、現代の若者たちがコミュニケーションが苦手と言われても無理のない話なのです。しかしその分、携帯電話などでコミュニケーションを取ることは大人たちよりも得意ではないでしょうか。相手に合わせた文体でチャットを送ったり、言いにくいことの雰囲気を和らげるため絵文字やスタンプなども上手に使いこなします。決してコミュニケーション能力自体が落ちているわけではないでしょう。ただ幼い頃から顔を合わせて感情を出す習慣がなかったため表情や態度に出にくく、大人たちにとっては理解しにくいだけです。もし違う世代と解り会うのが難しいと感じたら、どちらかが歩み寄るしかありません。顔を見て連絡させることにこだわらず、問題がなければ社内チャットで済ませたりと、コミュニケーションの取り方の幅を広げていくのがおすすめです。方法さえ選べば、十分な質のコミュニケーションが取れるはずです。