アテネ・フランセ

Home > 習い事 > アテネ・フランセ

アテネ・フランセ

フランス語の関連情報

フランス語(フランスご)は、インド・ヨーロッパ語族のイタリック語派に属する言語。ロマンス諸語のひとつで、ラテン語の口語(俗ラテン語)から変化したフランス北部のオイル語(またはウィ語、フランス語: langue do?l)が母体と言われている。日本語では、仏蘭西語、略して仏語とも書く。 世界で英語(約80の国・地域)に次ぐ2番目に多くの国・地域で使用されている言語で、フランス、スイス、ベルギー、カナダの他、かつてフランスやベルギーの領域だった諸国を中心に29カ国で公用語になっている(フランス語圏を参照)。全世界で1億2,300万人が主要言語として使用し、総話者数は2億人以上である。国際連合、欧州連合等の公用語の一つにも選ばれている。このフランス語の話者を、フランコフォン (francophone) と言う。
※テキストはWikipedia より引用しています。

海外に留学をする事前準備として、フランス語を学ぶ必要に迫られました。そこで歴史のある東京都内のフランス語を学べる語学学校に入学することに決めました。全くの未経験のためレッスンについていけるのか不安を感じていたのです。しかし、1人1人のレベルや能力、目的に合わせて異なるコースが用意されていましたので、自分のペースでじっくりと基礎から身に付けることができて、本当に助かりました。講師もわかりやすく丁寧に指導してくれて、ヒアリング能力が飛躍的に高まって日常会話がだいぶ上達して嬉しかったです。 さらに、東京の語学学校では、ビジネスや仏検対策、哲学に関する語学など幅広い分野のクラスがありました。日常会話は大体マスターしたので、今度は文化を学べるレッスンにも参加してみようと考えているところです。入門科体験レッスンを活用して事前に雰囲気や流れを体感できたことも大きなプラスとなりました。 東京にある語学学校の指導のおかげで短期間で驚くほどフランス語が堪能になって、講師の先生方には心から感謝しています。これからも、自らのスキルアップやキャリアアップを目指して努力を重ねていきたいと考えています。非常に頼りになる存在でした。

注目キーワード

フランス語オンリー
フランス語に限ること。
フランス語圏
フランス語が通じる圏域。公用語や準公用語にフランス語が設定されている国・地域の総称であり、フランスの旧植民地が広がっていたアフリカ西北部に多い。フランス語の話者を「フランコフォン(francophone)」と、...