スタジオビーツ

Home > ワーク > スタジオビーツ

| プロフィール写真・オーディション写真撮影等を東京のスタジオでお探しなら、六本木駅5分のスタジオビーツ。完全予約制です。ご予約はお電話で。

写真の関連情報

写真(しゃしん、古くは寫眞)とは、 狭義には、穴やレンズを通して対象を結像させ、物体で反射した光および物体が発した光を感光剤に焼き付けたのち、現像処理をして可視化したもの。このとき、感光剤に焼き付けるまでを行う機器は、基本的にカメラと呼ばれる。 広義には、電磁波、粒子線などによって成立する、弁別可能で存続性の高い像。英語の"photograph"という語は、イギリスの天文学者ジョン・ハーシェルが創案した。photo-は「光の」、-graphは「かく(書く、描く)もの」「かかれたもの」という意味で、日本語で「光画」とも訳される。"photograph"から、略して"フォト"と呼ぶこともある。 日本語の「写真」という言葉は、中国語の「真を写したもの」からである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

プロフィール写真・オーディション写真撮影等を東京のスタジオでお探しなら、六本木駅5分のスタジオビーツ。完全予約制です。ご予約はお電話で。

長年勤めた税理士事務所を退職し、独立開業して自分の事務所を設立することにしました。独立することは税理士の資格を取ってからの念願だったのでやりがいが非常にあり、モチベーションも高かったです。しかし、これまで勤めていた税理士事務所で懇意にしていた顧客だけでは経営が成り立たないので、事務所のウェブサイトを開設して新規顧客へのアピールをすることにしたのです。 ウェブサイトには事業内容や経営理念はもちろん、経営者であり実務を担当する自分のプロフィールも掲載しなければなりません。経歴や実績に加えて顔写真を掲載すると親近感が湧くため、写真を撮影しなければならなくなったのです。自分で撮影することも出来ましたが、せっかくなので撮影スタジオに依頼してプロフィール向けの写真を撮ってもらうことにしました。 依頼したのは東京のスタジオであるスタジオビーツです。予約をするときに打ち合わせをして、せっかくなのでヘアメイクもお願いします。顧客は税理士の実力だけでなく人物を見るので、写真の出来が重要なのです。写真撮影のときもスタッフの方がそのことを分かってくれていて、親近感や真摯さが出るように撮影してもらえました。ウェブサイトに掲載してからの反応が楽しみです。

注目キーワード

銀塩写真
撮影にフィルムを用いる写真。 フィルム表面にある臭化銀などの銀の塩類は、光が当たると金属の銀の微細粒子となる。 さらに現像により、この銀の粒子を種として、銀の粒子が大きくなり、肉眼で黒く見えるようになる......
記念写真
文字通り、何らかの事象を記念して撮影する写真。 人間を被写体とすることが多く、何か特別な時とところにおいて生み出されることが多い。すなわち、入学式、卒業式、結婚式、成人式などの式典の際、生誕周年や七五......