mormor

Home > サービス業界 > mormor

東京でベビーシッターならモルモル

赤ちゃんの関連情報

赤ちゃん(あかちゃん)は、産まれたばかりの子供のこと。赤子(あかご)、赤ん坊(あかんぼう)とも言う。なお、人間以外の動物にも「赤ちゃん」が用いられることがしばしばある。種にもよるが、生存のために援助を必要とする弱い存在である。多くの種で赤ちゃんは愛らしい外見をしており、これは援助を受けやすくするために有利な形質なのではないかとの解釈もある。 以下、本稿では人間の赤ちゃんについて解説する。 母子保健法は、出生からの経過期間によって、「赤ちゃん」を次のように定義する。 新生児:出生後28日未満の乳児 乳児:一歳に満たない子供なお、新生児の中でも出生後7日未満の乳児を特に「早期新生児」と呼ぶこともある。また、生まれて間もない赤ちゃんのことを嬰児(えいじ、みどりご)と呼ぶこともある。 「赤ちゃん」の語源は、新生児が多血症気味となり、皮膚色が赤く見えることにある。これは、分娩の際に陣痛の圧力で胎盤内の血液が新生児の体内へ絞り出されるためである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

東京でベビーシッターサービスを提供しているmormor モルモルのホームページです。気軽でシンプルなベビーシッターサービスが1時間1900円から。リフレッシュ利用も大歓迎、働くママの仕事と子育ての両立を応援しています。

子供がある程度大きくなるまでは子育てに専念したいと思い、東京で専業主婦をしていましたが、思った以上に子育ては大変でした。 夫の帰りが遅く子供を預ける場所もなかったので、ストレスで激やせしたほどです。 祖父母も近くに暮らしていませんし毎日子供と二人きりの生活で、行き詰まりを感じていた私を見かねて夫が提案してくれたのが、ベビーシッターを利用してみる事でした。 ベビーシッターなんて贅沢だと思っていましたが、あまりのストレスから夫の申し出に甘えさせてもらう事にし、一度だけ利用してみる事にしました。 利用したベビーシッターでは予約時間の10分前に来てもらう事が出来ましたので、早すぎる事もなくちょうどいい時間だったと思います。 あまりにも早く来られると準備が出来ていなかったり、遅ければまだ来てくれないと心配になりますが、それもなかったので出だしから安心する事が出来ました。 利用したのは3時間だけでしたが、そのわずかな時間だけでも子供と離れて一人で出かけることが出来たので、リフレッシュすることが出来、気持ちが楽になったと思います。 時間通り帰宅をすると子供と一緒に笑顔で出迎えてくれ、一目で子供も楽しく過ごせたということがわかりました。

注目キーワード

赤ちゃんポスト
事情があって親が育てられない新生児を受け入れる施設。日本では熊本市の慈恵病院が初めて設置し、「こうのとりのゆりかご」と名づけられている。ドイツではベビークラッペと呼ばれ、すでに100以上の施設が導入さ......
赤ちゃんけろっとスイッチ
タカラトミーが日本音響研究所が開発したベビートイ ぬいぐるみについているボタンを押すと、 「イッツ・ア・スモールワールド」をアレンジした曲が流れ 赤ちゃんのぐずりをとめる効果がみられることがある。 asin:B...