お部屋探し支援センター

Home > 建物 > お部屋探し支援センター

東京で初期費用分割可の賃貸ならべべライズの【お部屋探し支援センター】

賃貸借の関連情報

賃貸借(ちんたいしゃく)とは、当事者の一方(貸主、賃貸人)がある物の使用及び収益を相手方(借主、賃借人)にさせることを約し、相手方がこれに対してその賃料を支払うことを約することを内容とする契約。日本の民法では典型契約の一種とされる(民法第601条)。 日本の民法は、以下で条数のみ記載する。
※テキストはWikipedia より引用しています。

東京で初期費用(敷金礼金)分割可の賃貸・物件をお探しなら株式会社ベベライズ運営の【お部屋探し支援センター】に一度ご相談ください。他社さんで難しいと言われた方でも弊社にお任せください、お部屋探し支援センターでは世の中のほとんどの物件がご紹介可能です。

憧れの東京暮らしを夢見ていろいろな住宅情報誌やインターネットの賃貸物件を探していると家賃の高さに驚きます。東京や近郊のいわゆる首都圏の賃貸物件の家賃はその他の主要都市よりも狭くて高額なものが多数あります。逆に言えば、それだけ東京近郊は人気があり借り手が多いと言うことです。でも、いざ、東京に引っ越す場合にはいろいろな費用が発生します。今住んでいるところから引っ越すための引越料や退去費用などがあります。それに、新しい賃貸物件の敷金や礼金それに各種保険料などが発生します。家賃の滞納に関する保険や火災保険などいくつも入ることを求められますので、新居に入居する初期費用は家賃の5倍から6倍かかることも珍しいことではありません。このような場合には分割で初期費用を払えるかを確認してみましょう。引っ越しには予想外の費用が発生することは良くあります。家電製品が壊れたり、カーテンや絨毯も今までのものが使えないことから買い替える場合もあります。沢山の蓄えがあればよいですが、そうでなければやはり現金は少しでも多く残しておいた方が安心です。そのため不動産屋さんに物件の紹介を依頼するときに初期費用の分割払いを選択できることを条件に物件を紹介してもらいましょう。

注目キーワード

短期賃貸借契約
金融機関などが担保物件として抵当権を設定した不動産を借りるときに行う3年以内(家屋の場合。土地は5年以内)の賃貸借契約。その不動産が競売で落札され明け渡しを求められると、通常は落札者に所有権が移転してか......
賃貸借
一方が土地や建物などを使用収益をさせ、また、もう一方がその対価として賃金を支払う契約。