株式会社三晃商会

Home > 乗物業界 > 株式会社三晃商会

中古クレーン買取と販売【三晃商会】重機や建機のことなら

建設機械の関連情報

建設機械(けんせつきかい、英語: construction equipment)は、土木・建築の作業(工事)に使われる機械の総称である。省略して建機(けんき)、または重機(じゅうき、heavy equipment)とも呼称される。人力で施工することが困難な作業を機械化したものがほとんどである。高度経済成長の時代に高層建築や道路整備などで建設機械が日本の社会資本整備に果たした成果は大きい。20世紀末から21世紀現在では、公共事業のコスト削減が叫ばれており建設機械にはさらなる作業の効率化などの役割が求められる。 日本での建設機械需要の60%強は、レンタル機の活用に移ってきている。建設業者の経営合理化に向け、機械経費削減のために、この流れはまだまだ加速している。
※テキストはWikipedia より引用しています。

中古クレーンの買取販売は三晃商会にお任せください。。重機販売輸出や建設機械輸出、中古建設機械の販売・買取を行っております。

会社で使用している中古クレーンが数台あるのですが、そのうちの一番古いものを売って、それで得たお金を頭金にして新しいクレーンを購入することになりました。普段からクレーンの管理をしていたということもあって、業者選びから交渉まですべて私に一任されることになったのです。信頼されているのはうれしかったのですが、何せ初めての経験ですから、中古クレーンを買取ってくれる業者がどこにあるのかさえわからないので戸惑いました。しかも悪いことにここは田舎なので、街中を車で走っても店舗が見つからないため、インターネットで検索してみることにしました。 そこで見つけたのが株式会社三晃商会でした。 こちらの便利なところは会社のパソコンから申し込みから見積もりの予約まで行えることです。おかげで通常の業務をやりながら中古クレーンを売ることができるので助かりました。おまけに査定をするのが無料だったというのもありがたいです。そして何よりも、事前に調べていた相場と比較してもかなり高い値段だったのも良かったです。それから見に来てくれたスタッフさんはとても礼儀正しかったので、対応していても不快な気分になることは一度もありませんでした。

注目キーワード

日本建設機械化協会
日本の経済産業省と国土交通省所管の社団法人。建設事業の機械化を推進などを行っている団体である。東京都港区芝公園に本部がある。1949年設立。
小型車両系建設機械運転技能者
機体重量3トン未満の小型車両系建設機械を運転することが出来る資格のこと。 →車両系建設機械運転技能者