株式会社ソーケンアービック

Home > 建物 > 株式会社ソーケンアービック

千葉・茨城で注文住宅を自然素材で建てるなら我孫子のソーケンアービック

住宅の関連情報

住宅(じゅうたく)は、人の居住を用途とする建築物。「住居」とも言う。生活範囲となる環境を含める場合もある。 ひとつの敷地に一世帯が居住する「一戸建(て)」(戸建(て)、個人住宅とも言う。建築基準法においては専用住宅)と、複数世帯が居住する「集合住宅」(建築基準法においては共同住宅)とに大別される。また、自己が所有し居住する持ち家と、他人が所有する住宅を借りて居住する貸家(貸間)・賃貸住宅に分けることもできる。 その形には、社会の変化に応じて流行もあり、和風住宅、洋風、欧風住宅といった呼び名があり、また、高齢者の在宅ケアなどのための同居する人が増えるようになり、二世帯、三世帯住宅や、高齢者住宅、バリアフリー住宅といった呼称も出てきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

千葉・茨城で注文住宅を提供している我孫子のソーケンアービックです。住まいの健康と地球環境にやさしい自然素材の省エネ住宅を得意としております。千葉県で注文住宅をお考えの方は、お気軽にご相談ください。

いつかは両親を自宅に迎え入れて、介護をするつもりでいた我が家は、千葉の注文住宅を建築する際にも介護向きなデザインにしてほしいと希望しました。 ソーケンアービックは数多くのアイデアを提案してくれて、バリアフリー設計にするだけでなく、給湯器のリモコンなどもこだわってくれたのが嬉しいです。 高齢者が給湯器のリモコンを操作しやすいように、なるべく低い位置にリモコンを配置したり、入浴時に足腰に負担をかけないようにバスタブの横に手すりを取り付けてくれました。 その手すりは高齢者だけでなく、腰痛を患った時の私の役にも立ってくれて、介護向きな住宅設計にしてもらって本当に良かったと感じています。 もし車椅子に乗ったまま生活する事になっても不便をしないように、車椅子から降りずにトイレの内部に入れるように設計してくれたりと、細かいところまで気配りがされていました。 介護向きな住宅デザインを見た両親も心から喜んでくれており、私たちの家に両親が宿泊しに来た時には、居心地の良さにも満足したようです。 防災対策もしっかり施されており、不注意による火災などにも恐れず生活していけそうな、ソーケンアービックが手がけてくれた住宅を心から気に入っています。

注目キーワード

公営住宅
地方公共団体が国の補助を得て建設し、賃貸する住宅。 県営住宅、市営住宅など
仮設住宅
-大規模災害が発生して住居を失うなどした人が多く発生したときに、設営する住宅。